収益性の上がるホームページ制作のご提案

残暑見舞い

今朝、起きたら、滝のような雨が降っていました。

これでは外に出られないなぁ〜、と思い、本を読むことにしました。山下清画伯の甥が書かれた本。

家族が語る山下清
山下 浩著

を読んだのですが、非常に楽しく読むことができました。テレビドラマだったり、知的障害といった先入観で、自分の中に山下清像を描いていたのですが、家族として一緒に住んでいた著者が見る山下清は、全く異なるものでした。文章から、著者自身の温かい眼差しを感じることができ、山下清について知ることができる以上に、なんだか穏やかな気分になれる本です。

雨が止んだところで出社。残暑見舞いDMの制作にとりかかりました。いつも暑中見舞いの予定で作っているのですが、投函は立秋を過ぎてしまい、あわてて「残暑見舞い」に切り替えることになってしまいます。

今日が立秋ということで、あわてて取り替えました。

試し出しして「盛夏」について気になったので、調べてみたところ、残暑見舞いに「盛夏」は使わないと判明しました。昨日、書道セットをしまったばかりなのに、筆文字を書くために、またもや引っ張り出してこなくてはなりません。

書道は準備に時間を要するので、仕上がりはちょい先に延期。盆前には終わらせたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です