収益性の上がるホームページ制作のご提案

日本破綻

日本の財政に関しては政治の中でもかなり問題となっています。

そんなこともあり、2014年の日本破綻について書いてある本を読んでみました。スイスイ読める内容、破綻の際にシミュレーションなどは非常にリアルだと思います。

ただ、本の一番最後まで読んでようやくこの本の主旨がわかりました。「な〜んだ、一番最後から読めばよかった」と。

さて、日本は破綻するのでしょうか・・・?

先日、元銀行員の後輩と飲んだ際にも話題に出たのですが、どうも一つの時代が終わったような気がしてならない気がします。成長を軸とする社会は終わったのだ、と。拡大再生産がベースの資本主義の理論を今の時代にあてはめるには無理があります。さわかみ投信の主宰が投信のパフォーマンスを気にして「一人10万づつ使えば・・・」なんて言っていますが、それは国内にお金が滞留する条件の元での話。政治家の「消費税を上げれば・・・」ってのもその後の消費動向の落ち込みを考えずに、他国と単純に比較して低すぎる、と議論しているだけで、あまりにも短絡的すぎる、と思います。

グローバルな観点からいけば、破綻があるかどうかわかりませんが、少なくとも日本に関しては、今より経済レベルが落ちるのは間違いないこと。維持してドスンと落ちるよりも、穏やかに落ちるためのメソッドを模索しなければならないのではないかなぁ〜、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です