収益性の上がるホームページ制作のご提案

荻生徂徠

今日は荻生徂徠の誕生日。徂徠は江戸享保の時期に生きた思想家で、古文辞学を確立しました。

江戸時代に入り、平和となったため、武士に朱子学を学ばせることで規律なりを保ち、平和を維持しようとしました。

ただこの朱子学は、中国宋の時代に作られたもので、孔子の思想がゆがめられているところもありました。

徂徠は、古代の書物に戻ることで、孔子らが何をいいたかったのかを説いています。

その著「弁名」は、批判ではじまり、批判で終わるすさまじい内容。古文でありながら、徂徠の自信が行間から伝わってくるようです。

丁度図書館で借りている読んでいる最中なのですが、子安宣邦先生の解説がわかりやすい。どこが悪いのかを「論語」、「中庸」などの原文を持ち出し解説してくれています。

徂徠の逆説的な突っ込みは、私が支持している石田梅岩を知る時、より理解を深めてくれています。

sorai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です